謹賀新年 - Deutsch-Japanisches Forum Elbe e.V.

Direkt zum Seiteninhalt

Hauptmenü

謹賀新年

新年 あけましておめでとうございます!

ハンブルグ・港町の夜明け


親日家の皆様,                                                          
エルベ独日フォーラム会員の皆様,

輝かしい年の初めに、皆様とご家族様のご多幸とご活躍を心よりお祈りいたします。

2019年を振り返って

2019年、私たちDJFEは大小様々なイベントをいくつも開催し、変化に富んだ一年を過ごしました。8月の『大阪ハンブルク週間』は、今まで開催された中でもトップクラスの素晴らしいイベントとなり、秋にはDJFE初の公式訪日独日親善使節団が派遣され、団体にとって新たな歴史が刻まれました。
このメールではまず、この
「和歌山独日親善使節団」並びに「新宮城への水野家入部400年記念」事業について、ご報告をさせていただきたいと思います。使節団メンバーのひとり、ビルギット・クロイゼルさん(Birgit Kreusel)が詳細なレポートを書いてくださいました。添付ファイルにて11月13日付紀南新聞の記事とともにご覧いただけますので、皆様ぜひご一読ください。
また、
テレビ和歌山のニュース番組『6時のわかやま』にて、使節団が和歌山県知事を表敬訪問する様子が放映されました。下記のリンクにてご覧いただけます。
Bericht von TV Wakayama

この度私たちにとって素晴らしい成果となったのは、このような親善旅行にともない、
新しく2名のDJFE名誉会員を迎えられたことでもあります。
和歌山日独協会会長の樫畑直尚氏、に加えて現在千葉にお住まいで2015年、本会創立時の在ハンブルク日本国領事事務所(現在は総領事館)所長を務められた深川康氏(Yasushi Fukagawa)の両氏に和歌山日独協会会長の樫畑直尚氏(Naohisa Kashihata)に名誉会員となっていただきました。

2020年の見通し

さて、新年を迎えた今、昨年の報告だけでなく、これから先に待ち受けている新しい企画についても皆様と情報を共用していきたいと思います。
和歌山関連のニュースとして、「新宮城復元・懸賞金事業」についても、ここで今一度ご案内させていただきます。和歌山県新宮市では、1700万円という多額の懸賞金をかけ、新宮城の復元に必要な古写真などの歴史的資料を公募しています。募集期間は令和3年3月31日までとなります。ご興味を持たれた方は、こちらの詳細ページをご確認ください。
http://www.djfe.de/wakayama.php

2020年、私たちの公益団体は
創立から5年目にはいり、今年も盛りだくさんな内容の一年となりそうです。
大切な課題としては、インターネット上でより魅力的かつ、より多くの情報を皆さまに提供できるよう、
ウェブサイトのリニューアルを予定しています。また様々なコンサートや解説付き映画上映会、講演会、福祉部の生活相談会等、ハンブルク及びその近郊都市と日本の関係を強め、楽しく交流を深めるチャンスをふんだんにご提供できる計画が進行中です。皆様どうぞお楽しみに。!

本会では、今後も様々な企画に積極的に挑戦していきたいと思っています。
イベントの発案・企画・遂行や編集局関係、ウェブサイト管理、もしくは福祉部および文化部の通訳、翻訳者、さらには音楽家など、多方面の企画や業務を精力的に支援していただける方を大募集中です。ご興味ある方はいつでもご連絡ください。(一部の内容には公益団体の規定に沿った謝礼をお支払いいたします。)また、桜コーラス、のほうでも、新しいメンバー大歓迎です!少しでも気になっている方がいましたら、一度見学にいらしてください。お問い合わせは、どちらもこちらのメールアドレスにて受け付けております。(djf.elbe@gmail.com)
そのほか、
毎月20日20時から開催している定例交流会(シュタムティッシュ)でも、もちろんいつでも参加者募集中です。皆様お気軽にお立ち寄りください!
このように、DJFEとの活動または支援内容はいくつもありますが、同時に
皆さまの正会員としてのご登録は、大切なご支援の形であり、私たちの団体の発展と活動に欠かせない要素の一つであります。


最後に、私たちのニュースレターまたは催し物へ対する
皆様のご支援・ご関心への感謝を述べる場としてこの場を利用させていただきたこうと思います。皆様のご支援がなければ、団体は育っていきません。私たちは幸運にも、催し物の場にて、どれだけ多くの方にご興味を持っていただいたか、そして、どれだけの交流が行われ、どれだけの友人を得ることができたのか身をもって体験することができます。これは運営側としてどんなに幸せなことでしょうか。改めまして、皆様にお礼を申し上げます。
それでは、皆様とともに新しい一年を過ごせることを一同心より楽しみにしております!
本年も何卒よろし
くお願いいたします。

公益法人 独日フォーラム・エルベ
理事会&編集局

モニカ・水野・べロイター
ユリア・ハッケンベルク

田中 頌子


 
Letzte Aktualisierung vor 71 Tagen, am Freitag den 24. Januar 2020
Zurück zum Seiteninhalt | Zurück zum Hauptmenü